Specification

スポンサーリンク
Specification

【150ランドクルーザープラド】サイクルキャリア取り付け(YAKIMA フルティルト)

サイクルキャリアを取り付けてみました。検討している方や取り付け方法が気になっている方はチェックしてみてください。プラドのバックドアは横開きなのでちと扱いが難しいですね。
Specification

【150ランドクルーザープラド】ブラックエディションを購入する前に確認しておきたいポイントのご紹介です

ランクルプラド(150系)が2020年8月に一部改良を実施。特別仕様車としてブラックエディションが追加されました。一部改良の中にはディーゼルエンジンのパワーアップや安全装備であるセーフティセンスの機能向上であったり、内外装にブラックを基調とした専用パーツが設定されています。この辺を中心にまとめました。
Specification

【150プラド】ブラックエディションのセーフティセンス(Toyota Safety Sense)まとめとレビュー

ランドクルーザー150プラドのToyota Safety Senseのまとめとレビューです。youtubeなどでもプリクラッシュの検証動画があがっていますが、実際作動しないような状況が確認されています。そのような状況にならないような安全運転が一番良いですが、普通に作動しなかったらそれはそれで困りますね。そして何よりも悔やまれるのはレーダークルーズコントロールが全車速対応でないこと。
Specification

【150プラド】ディーゼル車のDPF再生中ってなに?(ブラックエディション)

初めてディーゼル車に乗ると”DPF再生”って表示されているけど大丈夫なの?なにこれは?となるかもしれません。DPFとはDiesel particulate filterの略で、ディーゼルの排気ガスに含まれる粒子状物質(ススなど)を捕集するフィルターです。そしてDPF再生中というのはこのフィルターで捉えた粒子状物質はそのままですと当然のごとく目詰まりしていきますので、これを高温になった排気ガス・排気管で燃焼(再生)処理している状態です。
Specification

【150プラド】AHB(オートマチックハイビーム)の使い道は?(ブラックエディション)

最近のトヨタ車にはAHB(オートマチックハイビーム)という、自動的にハイビームとロービームを切り替えてくれる機能が備わっています。まずは使い方から説明していきます。実際に使ってみると・・・、まず市街地ではあまりハイビームにならず、また交通量が多いところではハイビームにする機会が無く使うことあまり無いように思いました。逆に交通量の少ない通りでは、意外と便利だなと思いました。
Specification

【150プラド】 ブラックエディションのレーダークルーズコントロールは25km/hまで追従可!

レーダークルーズコントロールとは、アクセルペダルを踏まなくても①車間制御モードで先行車の車速変化に合わせて追従走行(自動加速・減速)を行う。また②定速制御モードでは一定の車速を維持しながら走行することができます。ランドクルーザー150系後期プラドになるのか、ブラックディションでは30km/h以上で設定可能となり、25km/h未満になるまで追従してくれます。
Specification

【150ランドクルーザープラド】意外と明るい純正ウェルカムライト画像(ブラックエディション)

ランドクルーザープラドの純正ウェルカムライトです。キーを持って近づくと足元を照らしてくれるライトですがどんな感じか画像を掲載しましたので確認してみてください。
Specification

【150ランドクルーザープラド】ブラックエディション専用ダイレクトルーフレールの画像

ランドクルーザープラド150のブラックエディション専用ダイレクトルーフレール画像です。あまり拡大された画像はなかったのでキャリアベースの取り付け位置画像等々載せてみました。MOPで通常のルーフレールにも変更は可能とのこと。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました